輸送の安全及び利用者の利便の確保に関する試験

地理試験の様子

東京特定指定地域(特別区、武蔵野市及び三鷹市)でタクシー運転者になるには、東京タクシーセンターで事務を代行し実施している「輸送の安全及び利用者の利便の確保に関する試験」に合格しなければなりません。試験は、タクシー事業に係る法令、安全及び接遇と当該指定地域に係る地理の二科目に分けられ、二科目の試験に合格点を得た者に合格証を交付します。
 タクシー事業に係る法令、安全及び接遇の科目についての出題は筆記試験により45問出題され、合格基準は36問以上の正解(正答率80%)となっています。
 当該指定地域に関する地理の科目についての出題は筆記試験により40問出題され、合格基準は32問以上の正解(正答率80%)となっています。 どちらか一科目のみ合格点を得た者に対しては、科目合格通知書を発行し、次の受験の際、科目合格通知書の写しを添えて受験申請を行えば、合格点を得ている科目の試験は免除されます。尚、合格証及び科目合格通知書の有効期限は、合格日から2年間となっています。

輸送の安全及び利用者の利便の確保に関する試験の受験は、新規講習時受験と一般受験があります。新規講習時受験は事業者からの新任研修申し込みが必要です。一般受験と再試験は予約制となっています。前日の午後4時(土日休日祝日を除く)までに教務部窓口または電話にてお申し込みください。

試験の概要
試験日 月・火・金曜日
(但し、休日、祝日及び12月29日から12月31日までと1月2日、1月3日を除く)
試験場 公益財団法人 東京タクシーセンター
受付時間 「当該指定地域に係る地理」を受験される場合は午前10時まで
「タクシー事業に係る法令、安全及び接遇」を受験される場合は午後1時まで
所要時間 各科目受験(申請)手続きから合格発表(合格証及び科目合格通知書の交付)まで概ね2時間
受験料 6,800円(各科目ごとに3,400円)
  • 受験料の他に運転免許証、筆記用具(鉛筆、消しゴム、ボールペン)をご持参ください
  • 詳しくは、教務部(03-3648-8311)へお問い合わせください
  • 試験場には必ず公共交通機関を使って来てください。

地理試験過去問題

地理試験の過去問題を掲載していますのでご利用ください。実際の地理試験では幹線道路・交差点図を使用しますが、都合によりホームページには掲載しておりませんので、あらかじめご了承ください。