東京駅八重洲口前タクシー乗り場について

東京駅八重洲口前優良タクシー乗り場において、インバウンド旅客に対するホスピタリティの資質の向上、タクシーセンターが実施する外国人旅客接遇英語検定合格者へのインセンティブ、あわせて大きな手荷物旅客への対応として、同タクシープールに「外国人旅客接遇英語検定合格者・ワゴン(混在)レーン」、「一般・UDレーン」を設置しています。

また同乗り場の各乗車口には、3台同時乗車を促すピクトグラム等を貼付しています。

東京駅八重洲口前写真1 東京駅八重洲口前写真2
 
東京駅八重洲口前
第1~5レーン・・・一般・UDレーン     31台
第6レーン・・・・・検定合格者・ワゴンレーン  7台

事業者・運転者の皆様へ

◇東京駅八重洲口タクシープール入構条件

※令和元年10月1日(火)より外国人旅客接遇英語検定合格者専用レーンの入構条件に
「外国人旅客接遇英語検定合格証」の携帯が追加されました。

次のすべての条件を満たすこと
  1. 優良タクシー乗り場への入構資格及び条件を満たしている車両
  2. 検定合格者・ワゴンレーンに入構する際は「外国人旅客接遇英語検定合格証」を携帯しECD (English Certified Driver)認定章を車体に貼付(ワゴン車両を除く)していること。

◇「外国人旅客接遇英語検定合格者・ワゴン(混在)レーン」について

◆ ワゴンタクシーについて

UD・ワゴンタクシー画像
   ワゴンタクシーの定義は、自動車検査証の車体の形状がステーションワゴンであり、次のいずれかに該当するもの。
① スーツケース(縦72㎝×横52㎝×幅25㎝)が2個以上荷室に入る車両
② 乗車定員が7名以上で利用客が6名以上乗車できる車両
ワゴンタクシーの主な車種・・・オデッセイ、プリウスα、NV200バネット、ハイエース、アルファード、ヴェルファイア、エルグランド   等

◆ 外国人旅客接遇英語検定合格者専用レーンについて

ECD認定章
「外国人旅客接遇英語検定合格証」を携帯し、ECD (English Certified Driver)認定章を車体に貼付していることが入構条件となります。