研修について

研修の様子

タクシー運転者の資質の向上、並びに事故防止のための交通安全意識の高揚を図ることを目的に、タクシー営業に必要な基本的な法令・安全・接遇・地理についての講習を行っています。現在、新規講習、命令講習、自主一般研修、自主UD研修、命令研修、適正化研修及び特別研修を行っています。

研修の種類

研修の種類 研修の内容 研修時間 研修費用(税込)
新規講習(4日間) 東京指定地域内で新たに運転者になろうとする方に対する講習
新規講習4日間時間割表
9時~17時 2,160円
命令講習(4日間) 関東運輸局長から講習命令を受けた運転者に対する講習 5,400円
命令研修(2日間) 関東運輸局長から研修命令を受けた運転者に対する研修 7,020円
適正化研修(1日) 違法行為審査会議長が必要と認めた運転者に対する研修又は「タクシー乗り場等適正運営の推進に関する規程」に基づきタクシー事業者から要請があった運転者に対する研修 4,320円
自主一般研修(1日/2日間) タクシー事業者から要請があった者に対する研修
自主一般研修(1日/2日間)時間割表
1,620円
自主UD研修(1日間) タクシー事業者から要請があった者に対する研修
自主UD研修(1日間)時間割表
2,160円
自主UD研修(2日間) タクシー事業者から要請があった者に対する研修
自主UD研修(2日間)時間割表
2,160円
特別研修 外国人旅客接遇研修(半日) 9時~12時13時~16時 2,700円

※研修生の車・バイク・自転車などでのセンターへの来所は禁止しております。公共交通機関を利用し、ご来所ください。

※タクシー運転者として研修を受講するのにふさわしい、服装・身だしなみでの受講をお願い致します。

  • 研修のスケジュールはこちらからご確認ください
  • 各種研修(講習)手数料及び「輸送の安全及び利用者の利便確保に関する試験」受験料の納付につきましては、センター2階教務部窓口際に設置しています収入証紙自動券売機で納付いただき収入証紙・領収書を発行しております。教務部窓口では手数料等の納付手続きを取扱っていませんのでご注意願います。

    1. 新規講習受講者
      収入証紙自動券売機による講習手数料の納付は午前8時50分からです。職員の指示に従い収入証紙自動券売機にて新規講習手数料を納付してください。
    2. 自主研修・適正化研修・特別研修受講者
      研修手数料は受講する研修別に収入証紙自動券売機に納付いただきますので、職員の指示があるまでは納付せずに所属会社から預かってこられた研修申込書など必要書類をお持ちになって教室でお待ちください。
    3. 「輸送の安全及び利用者の利便確保に関する試験」受験者
      試験受講料は受験する試験別に収入証紙自動券売機に納付いただきますので、職員の指示があるまでは納付せずに教室でお待ちください。

    収入証紙・領収証書は発行日に限り有効です。誤って購入された方はその日のうちに教務部窓口に届け出てください。後日、使用することはできませんのでご注意ください。

研修に持参して頂くもの
  • 研修申込書(要社印)
  • 運転免許証
  • 筆記用具
  • 研修費用
  • 受講当日に研修申込書の提出をお願いします。
  • 新規講習の地理の授業では、都内交通案内地図を使用しますので、お持ちください。なお、お持ちでない方は、教務部2階窓口で販売しています。
  • 研修終了後、新たに運転者証を作られる方は関係書類が必要になります。必要書類及び、詳細については登録課のページをご確認してください。

外国人旅客接遇研修

外国語旅客接遇研修の様子

現在、政府における観光立国の推進やこれに伴う外国人観光客の受入体制の整備の方針、さらには、我が国の空の玄関口である羽田空港における国際線の発着枠 の増加や東京が有数の観光地であること等を踏まえ、東京タクシーセンターでは、東京のタクシー運転者・管理者の方に外国人旅客に対応するための接遇研修を実施しています。

外国語旅客接遇研修の様子

ロールプレイング演習を取り入れた研修により、外国人の習慣やタクシー営業に必要な基本的な会話等を知っていただく、接遇向上を目的とした内容となっています。興味・関心をお持ちの方は是非ともご参加ください。また、法人タクシー事業者の安全・サービス等に関する評価制度における観光タクシー運転者等評価の加点措置項目となっております。

  • 当日はICレコーダー等の持ち込みも可能ですので、受講後、発音等のトレーニングにお役立てください。
平成29年度 外国人旅客接遇研修スケジュール
英語 上級 平成29年8月23日(水曜日) 9時~12時(締切り)
英語 初級 平成29年8月23日(水曜日) 13時~16時
英語 中級 平成29年9月13日(水曜日) 9時~12時
英語 中級 平成29年9月13日(水曜日) 13時~16時
英語 上級 平成29年9月20日(水曜日) 9時~12時
英語 中級 平成29年9月20日(水曜日) 13時~16時
英語 中級 平成29年10月4日(水曜日) 9時~12時
英語 初級 平成29年10月4日(水曜日) 13時~16時

※英語上級については、英語中級を受講された方が対象となります。

研修内容(初級・中級)
  1. 日本とのマナー・文化の違い
  2. 基本的な発音と会話練習
  3. ロールプレイング演習
研修内容(上級)
  1. 中級のおさらい
  2. 基本的営業会話の応用
  3. 緊急時の対応(パスポートをなくした、交通渋滞等)
  4. ロールプレイング演習
定員
40人(予約制:定員になり次第締切り)
研修費用
2,700円(税込)
申し込み方法

受講の予約は、所属する事業者からの申し込みにより「特別研修」として受付けますので教務部窓口または、電話にてお申し込みください。

※受講当日に研修申込書の提出をお願いします。また、研修生の車・バイク・自転車などでのセンターへの来所は禁止しております。公共交通機関を利用し、ご来所ください。
学習教材
研修の様子

特別研修として実施している外国人旅客接遇研修(認定研修含む)の効果をより高めるための学習教材として「英語でおもてなし講座」DVD及び反復練習用CD(英語初級、中級)を販売しています。

「英語でおもてなし講座」DVD (約32分)

外国人旅客接遇研修(認定研修含む)の効果をより高めるための学習教材として「乗車から降車までの対応」、「観光案内」、「緊急時の対応方法」を想定し3つのセクションで構成された15のケーススタディを紹介しています。

英語発音レッスン【初級】CD (約15分)

外国人旅客接遇研修(初級)の「挨拶の基本」「基本の会話」「役に立つ単語」「数字・金額・目的地の言い方」等について外国人講師の発音を繰り返し聞き取り、発生練習することで英語に慣れ発音が上達するように作製しました。

英語発音レッスン【中級】CD (約20分)

外国人旅客接遇研修(中級)の「営業中に役に立つ言葉」「方向などの伝え方」「乗車地から目的地までの基本的な会話」について外国人講師の発音を繰り返し聞き取り、発生練習することで英語に慣れ発音が上達するように作製しました。

外国人旅客接遇英語検定

ECD認定章

センターでは、英語で旅客接遇ができるタクシー運転者の育成を目的に「外国人旅客接遇研修」を実施しておりますが、研修修了者の英語による旅客接遇のより一層の向上を図るとともに、研修の成果を検証することを目的に、「外国人旅客接遇英語検定」を実施します。
 タクシーサービスに関する接客力を挨拶・自己紹介(1~2分程度)及び外国人旅客の乗車を想定したロールプレイング(5~6分程度)により評価します。ロールプレイングの内容は、外国人旅客接遇研修で使用している教本及び「英語でおもてなし講座」DVD、反復練習用CDの内容を基本とします。

実施日時
  • 第4回 平成29年8月2日(水)午前11時00分~締め切り
検定会場
タクシーセンター2階
受験応募資格
「外国人旅客接遇研修(英語)上級」及び「タクシーセンター又は全国福祉輸送サービス協会認定事業者のユニバーサルドライバー研修」を修了したタクシー運転者 (法人・個人)
受験定員
20人(先着順となります)/締め切り
検定費用
7,560円(税込)
受験予約
第4回 外国人旅客接遇英語検定受験予約 平成29年7月3日(月)午前9時~(定員になり次第締め切り)
  受付電話番号:03-3648-8311
 受験者(本人)からの電話で予約を受付けます(タクシーセンター2階教務部窓口でも予約可)。予約後、「外国人旅客接遇研修(英語)上級」及び「ユニバーサルドライバー研修」修了証の写しをFAXまたは郵送してください。手続き完了後、受験票、受験者各自の検定時間及び申請書を受験者(本人)宛に郵送します。
  • ※検定は受験者ごとに実施しますので、タクシーセンターで時間を指定させていただきます。
  • ※検定時には、合否の判定をするため録画・録音を伴いますのでご了承ください。また、検定合格者名については、センターホームページまたは、センターニュース等に掲載する予定でおりますので、掲載を望まない方は申し出てください。
検定日に持参して頂くもの
  • 受験票
  • 運転免許証
  • 筆記用具
  • 検定費用
  • 検定日に申請書を提出し受験の手続きを行ってください。
評価項目
  評価項目 評価方法
A 印象、基本会話力、会話内容 1 挨拶・自己紹介
B 表情、身だしなみ、姿勢、振舞い 2 ロールプレイング

(1)乗車時のルーティンワーク
(2)乗客からの質問等への対応
(3)緊急時、突発事象への対応
(4)降車時のルーティンワーク
C 正しい言い回し、内容の適合性、即応力
D 文法力・英語表現力
E 流暢さ
F 発音、抑揚、強調、リズム
G 声の大きさ、聞き取りやすさ
H 傾聴力

ロールプレイングは、外国人旅客接遇研修で使用している教本及び「英語おもてなし講座」DVD、反復練習用CDの内容を基本として行います。
※合否判定:検定員が評価8項目について1点から5点までの5段階により評価し、40点満点中28点以上を合格とします。
ただし、8項目中に1項目でも1点評価がある場合は28点以上に達していても不合格となります。

検定時間

概ね10分(所要時間:受験手続きから検定終了まで40~60分)

合否発表

検定後、約2週間で合否を郵送にて通知します。

合格者リスト

外国人旅客接遇英語検定合格者リスト

ECD認定章の交付
ECD認定章

「外国人旅客接遇英語検定」合格者には、外国人旅客に英語で接遇できる運転者であることを認識できるよう、ECD※(English Certified Driver)認定章を交付しています。(※English Certified Driverは、「公認された英会話ドライバー」との意味です)

外国人旅客接遇研修 修了者専用レーン発光式入構表示板等の交付

外国人旅客接遇研修専用レーン入構表示板

羽田空港国際線タクシー待機所 外国人旅客接遇研修 修了者専用レーンへの入構条件となっているタクシー車内に掲出する専用レーン発光式入構表示板及び研修修了者であることを表示する車内表示ステッカー(任意掲出)は、教務部で交付しています。(交付は管理者に限ります)
 専用レーン発光式入構表示板の交付については事業者(個人タクシー事業者にあっては、一般社団法人東京都個人タクシー協会)から発光式入構表示板交付申請書の提出により研修修了者数分を限度として無償で交付します。ただし、再交付につきましては、有償となります。

交付方法
羽田空港国際線タクシー待機所 外国人旅客接遇研修 修了者専用レーン 入構表示板(交付・再交付)申請書

発光式入構表示板の交付につきましては、発光式入構表示板交付申請書交付の欄に丸)を提出していただくとともに、事前に教務部あてにFAX(03-3648-5560)していただくようお願いします。

【ご注意】この度、更なる利用者への周知及び外国人旅客に対するタクシーサービスの向上に向け平成28年12月19日(月)より、これまでの「入構表示板」を全面的に「発光式入構表示板」へ変更し表示することが専用レーンへの入構条件となります。ただし、これまでの「入構表示板」については平成29年2月20日(月)まで使用することができます。また、発光式入構表示板への交換につきましては、従前の入構表示板の返還と発光式入構表示板交付申請書交付の欄に丸)の提出が必要です。

交付申請に必要な書類
外国人旅客接遇研修修了者車内表示ステッカー
  • 交付申請の受付後、研修修了の確認作業により交付まで時間を要しますので、事前(3日程前日)にFAX等で交付申請書を提出していただきますと交付当日お待たせすることなく交付できますので、ご協力お願いします。
  • 専用レーン発光式入構表示板 : 無償(再交付は1,000円(税込))
  • 車内表示ステッカー  : 700円
研修修了証の交付
研修修了証

外国人旅客接遇研修 修了者専用レーンへの入構は、外国人旅客接遇研修 修了証の携帯が入構の条件となっています。このためA4サイズだった修了証を携帯が可能な修了証(名刺サイズ)に変更し交付しています。

お問い合わせ先
教務部03-3648-8311 / 03-3648-5560(FAX)

東京タクシーセンター認定外国人旅客接遇研修の申込手続のご案内

東京タクシーセンターでは、訪日外国人旅客へのタクシーサービスの向上を図るために実施している外国人旅客接遇研修の受講申し込みが増加し、受容力が限界となっている状況から、より多くのタクシー運転者が受講しやすい環境整備を図り、更なる外国人旅客接遇研修の普及、充実化を推進することを目的に、センターの指定する機関が実施する東京タクシーセンター認定外国人旅客接遇研修(以下「認定研修」という。)を導入し、実施しています。認定研修の修了者につきましては、センターで実施している特別研修(外国人旅客接遇研修)を修了したものとみなされます。

認定研修の申込みについて
認定研修の申込みから研修の実施までの流れ
  1. 認定研修の申込み・・・研修実施の1か月前までに認定研修申込書(様式第1号)により教務部へ申込み
  2. 実施日時の決定・・・教務部は研修実施日時の調整を行い事業者へ通知
  3. 認定研修の実施・・・認定研修の実施にあたって事業者は認定研修受講者名簿(様式第2号)を教務部及び認定研修実施機関に提出(認定研修受講者名簿)。認定研修実施機関より認定研修講師(2名)を派遣し実施
  4. 認定研修の報告・・・認定研修実施機関より教務部へ認定研修実施報告書により結果報告
  5. 研修修了証の交付・・・教務部は認定研修修了証を作成し、事業者へ交付。研修修了証交付手数料 1件100円
認定研修指定実施機関
株式会社ビコーズ(特別研修における外国人旅客接遇研修業務の委託法人)
認定研修の手数料等
  • 研修手数料 : 150,000円+消費税
  • 講師派遣交通費  : 実費「東京駅あるいは新宿駅(どちらか近い方)より研修実施場所の最寄り駅までの電車運賃2名分と最寄り駅より徒歩10分以上かかる場合はタクシー運賃」
  • 手数料等の詳細につきましては株式会社ビコーズにお問い合わせください。
定員
40人(受講定員を設けています)
お問い合わせ先
教 務 部   03-3648-8311   株式会社ビコーズ03-5937-1861

自主ユニバーサルドライバー研修

体験キットを使用した高齢者体験

東京タクシーセンターでは、高齢者、障がいのある方を含めた全ての利用者が快適にタクシーを利用できるようユニバーサル社会の実現に向け、自主ユニバーサルドライバー研修(自主UD研修)を実施しています。

UD車両を利用した乗降方法

少子高齢化が進展するなか、高齢者や障がいのある方などお一人で移動することが困難な方々の輸送を担う機会が多くなることと思われます。バリアフリー対応に関する基本的な知識の習得や介助方法の向上が今まで以上に求められていますので、現任の運転者の方、個人タクシー事業者の方等にUD研修を受講していただき営業に役立てていただければと思います。また、UD研修は、東京観光タクシードライバーの認定資格要件の一つとなっているほか、法人タクシー事業者の安全・サービス等に関する評価制度における福祉及びバリアフリー関係評価の加点措置項目となっております。

  • 自主UD研修は、火曜日、木曜日、金曜日に実施しています。
研修費用
2,160円(税込)
主な研修内容
  1. お客様とのコミュニケーションの留意点
  2. お客様の理解と接遇・介助の留意点
  3. 車いすの取り扱い方とユニバーサルデザイン車両への乗車、降車(演習)
  4. 擬似体験(体験キットを使用した高齢者体験・視覚障害者)
申し込みの方法
受講の予約は、所属する事業者からの申し込みにより受付けますので、教務部窓口または、電話にてお申し込みください。
※受講当日に研修申込書の提出をお願いします。また、研修生の車・バイク・自転車などでのセンターへの来所は禁止しております。公共交通機関を利用し、ご来所ください。

都内交通案内地図

都内交通案内地図2017

関東運輸局監修の「都内交通案内地図」は、運転者研修教材として、またタクシー備え付け地図として編集、販売しています。タクシー営業の実務のなかで、より使いやすいことに重点を置き、最新情報を収集し、編集内容の充実を図るとともに、豊富な情報の提供を目指しています。「都内交通案内地図 2017年」(後期版)は、平成29年8月1日(火)より、教務部2階窓口にて定価2,880円(税込)で販売しています。どうぞご利用ください。